ジョージア観光&体験ガイド

宿泊だけじゃない超大型ゲストハウス!ファブリカ トビリシを徹底ガイド

ファブリカトビリシ トビリシ観光スポット

トビリシの超大型ゲストハウス「ファブリカ」は、単なる宿泊施設の枠を超えた商業コンプレックスのような場所です。

旧ソ連時代に縫製工場だった建物をリノベーションすることで、世界のバックパッカーたちや現地の若者たちが集まるスポットとなっています。

ファブリカに宿泊していない方を対象として、ファブリカの楽しみ方をご紹介します。

ジョージア観光&体験ガイドモアファン!ジョージア編集部@morefungeorgia)がお届けします!

ファブリカは旧ソ連時代の縫製工場だった建物

ファブリカ(Fabrika)の名前の由来は、反物などを表す「Fabric(ファブリック)」で、旧ソ連時代には縫製工場だったことを示しています。

1992年の独立後は廃墟となり、浮浪者らのたまり場になっていましたが、ホテルとしてリノベーションされて2016年7月にファブリカ トビリシが開業しました。

現在でもファブリカの建物内には、縫製工場だったころの名残りがあちこちに見られます。

ファブリカの外壁はグラフィティで埋め尽くされている

ファブリカは地下鉄マルジャニシュビリ駅が最寄りで、トビリシの中心部になりながら周辺は住宅が主なエリアです。

ファブリカに近づくにつれて徐々にグラフィティが増えはじめますが、ファブリカの建物は全面がグラフィティで埋め尽くされています。

地元で有名なグラフィティアーティストが数多く参加しており、レベルの高いアートとして楽しむことができます。

グラフィティアートが好きな方には、地下歩道橋の壁全てにグラフィティが描かれているトビリシ市内の「バラタシュビリ ブリッジ」もおすすめです。

ただの宿泊施設じゃないファブリカのさまざまな顔を紹介します

ファブリカがトビリシを代表するゲストハウスであることは間違いありませんが、ただの宿泊施設ではないところにファブリカの魅力があります。

さまざまな顔を持つファブリカについて、ご紹介します。

とおる
とおる

Google検索をしてみると、ファブリカは宿泊施設だと紹介されているんだけど・・・

まちこ
まちこ

そう、大型のゲストハウスであることは間違いないんだけど、それだけじゃないのがファブリカなんですよ。

ファブリカは「大型ゲストハウス」である

ファブリカは旧ソ連時代の縫製工場を改装した建物で、2階より上のフロアはゲストハウスとして活用されています。

複数の2段ベッドが並ぶドミトリーや、1泊7000円を超えるプライベート個室までさまざまなタイプの部屋があります。

なんと部屋数は95室もあるそうです。

Booking.comやアゴダで予約して宿泊することができます。

まちこ
まちこ

ドミトリーでも1泊1000円くらいなのでトビリシの相場より高めですが、それでも常に多くの宿泊者がいます。

ヨーロッパの連休などにぶつかるとドミトリーと個室のどちらも予約が取りにくくなりますので、事前に空室確認をして、早めに予約することをおすすめします。

ファブリカは「Wi-Fi完備のカフェ&レストラン」である

ファブリカの1階スペースは、大型のカフェ&レストランとして宿泊客以外にも開放されています。

ゲストハウスのファブリカと同じくWi-Fiは超高速で、コワーキングスペースのように利用しているひとも多いです。

メニュー(一部抜粋)値段
コカ・コーラ3ラリ
スムージー8ラリ
ビール(Argo)5ラリ
サラミピザ13ラリ
チキンサンドイッチ16ラリ
チーズケーキ11ラリ

ただし、あくまでカフェ&レストランですので、何も注文しなかったり、ひとつの注文だけで長居していると出ていくように促されます。

ファブリカは「商業コンプレックス」である

ファブリカの建物はコの字型をしており、中庭のようなスペースには複数の飲食店やアパレルショップ、雑貨屋さん、コワーキングスペースが入居しています。

日中も多くの旅行者たちで賑わっていますが、夜になると地元のジョージア人の若者たちも混ざって、常設のパーティ会場のような盛り上がりになります。

ファブリカ トビリシの朝食ビュッフェ(19ラリ)

ファブリカ トビリシには宿泊者向けの朝食ビュッフェがあります。

時間は朝8時から11時までで、宿泊者以外でもビュッフェ会場の入り口で1人19ラリを支払うと食事をすることができます。

サラダ、チーズ、ハムといった軽い感じのメニュー構成ですが、パンの種類が充実しており、コーヒーやオレンジジュースなどの飲み物、デザートまで用意されています。

トビリシは朝からオープンしている飲食店が少ないですので、朝食をしっかりと摂りたい方にはおすすめです。

ファブリカ トビリシのまとめ

マルジャニシュビリ駅が最寄りのファブリカは、大型のゲストハウスではあるものの、宿泊者でなくても気軽に遊びに行けるスポットです。

外国からの旅行者が集まっているだけでなく、そんな雰囲気を好むジョージアの若者たちも多く思わぬ出会いが生まれやすい場所です。

名前ファブリカ トビリシ
英語:Fabrika Tbilisi
ジョージア語:ფაბრიკა თბილისი
電話番号+995 32 202 03 99
住所8 Egnate Ninoshvili St, Tbilisi
what3wordsさゆう・みつかる・じぐも
建物の種類宿泊、レストラン

トビリシの年間の天気(最高気温、最低気温、平均降水量)

トビリシの夏は6月から9月冬は11月から3月です。観光のベストシーズンは7月から9月で、ヨーロッパやロシアなどから多くの観光客がトビリシを訪れます。

トビリシ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節
最高気温 7℃ 9℃ 15℃ 20℃ 25℃ 29℃ 31℃ 31℃ 28℃ 22℃ 15℃ 9℃
最低気温 -2℃ -2℃ 0℃ 5℃ 20℃ 25℃ 18℃ 18℃ 12℃ 6℃ 1℃ -2℃
平均降水量 7㎜ 8㎜ 15㎜ 27㎜ 38㎜ 36㎜ 23㎜ 20㎜ 20㎜ 22㎜ 18㎜ 9㎜

トビリシの天気をさらに詳しく解説

タイトルとURLをコピーしました