ジョージア観光&体験ガイド

ジワリ修道院(ムツヘタ世界遺産)の行き方、歴史

ジワリ修道院 ムツヘタ観光スポット

ジワリ修道院は、ムツヘタで世界遺産登録されている教会のひとつです。

ムツヘタの丘の上に建っており、ジワリ修道院からはムツヘタ旧市街を一望することができます。

ジワリ修道院までは、トビリシかムツヘタの市街からタクシーをチャーターする必要があり、少しアクセスが難しいです。

まちこ
まちこ

ちょっとアクセスに不便な丘の上にあるからこそ、ジワリ修道院からムツヘタ市街の景色が美しいんですよね。

ジワリ修道院の歴史

ジワリ修道院のある丘がキリスト教にとって聖なる場所となったのは、聖ニノが祈りのために十字架を建てたことからです。

それ以前は、丘の上に異教徒の神殿があったとされています。

教会の建物が建てられたのは西暦545年が最初で「ジワリ小教会」、また586年から605年には大規模な「ジワリ大教会(現在のジワリ修道院)」が小教会の近くに建てられました。

まちこ
まちこ

ジワリというのはジョージア語で「十字架」という意味です。

ジワリ修道院と深い関係がある聖ニノについては、別の記事にまとめています。

ジワリ修道院の見どころ

世界遺産であるジワリ修道院ですが、あまり保存状態は良くないとの評判の通り、修道院の建物以外の劣化がかなり激しいです。

ジワリ修道院の見どころについて、3つのポイントをご紹介します。

ジワリ修道院の建物や壁などの構造物

絶壁の上に建っているジワリ修道院

ジワリ修道院はムツヘタ旧市街のどこから見える丘の上に建っています。

ジワリ修道院からの景色、ムツヘタ旧市街を一望

タイトルとURLをコピーしました