ジョージア観光&体験ガイド

ミリアン1世(イベリア王国の第3代国王・パルナバズ王朝)を徹底解説

ジョージアの歴史 ジョージア歴史キーワード

ミリアン1世は、紀元前159年から109年まで在位したイベリア王国(パルナバズ王朝)の第3代国王です。

第2代国王サウロマセス1世が後継者の男子を持たないまま死去したため、ミリアン1世がサウロマセス1世の娘と結婚する形で国王が継承された。

世襲が途絶えたことから、ミリアン1世以降をパルナバズ第2王朝とも呼びます。

ミリアンの名前の由来はイラン語が起源の「フレンドリー」

「ミリアン」という名前は、先代のサウロマセス1世と同じく、イラン語を起源とする「フレンドリー」や「親切」という意味です。

まちこ
まちこ

ミリアンという名前の国王は、このあとのジョージアの歴史にも何人か登場しますね。もっとも有名なのはミリアン3世です。

ミリアン1世の娘は、アルメニアの王子と結婚

ミリアン1世のは、アルメニアのアルタシアス王子と結婚しました。

アルタシアス王子の父親はアルタバスデス1世で、アルタシア王朝の第2代国王(当時の在位中の国王)でした。

サウロマセス1世が崇拝したダニナの像を建設

ミリアン1世は、サウロマセス1世が崇拝していたダニナの像を建設したと伝えられています。

ダニナは、アイニナとペアの女性神で、アイニナの像は既にサウロマセス1世が建てています。

ミリアン1世の基本情報まとめ

婚姻関係や王位継承が複雑なミリアン1世の基本情報をまとめます。

名前ミリアン1世
英語:Mirian I
ジョージア語:მირიანი
タイトルイベリア王国の第3代国王
家族妻:サウロマセス1世の娘
子供:パルナジョム、娘(アルメニアのアルタシアス王子の妻)
先代:サウロマセス1世イベリア王国
パルナバズ王朝
次代:パルナジョム
タイトルとURLをコピーしました