ジョージア観光&体験ガイド

シルクロードを見守り続けた砦!ナリカラ要塞を徹底ガイド

ナリカラ要塞 トビリシ観光スポット

ナリカラ要塞は、トビリシ有数の観光スポットのひとつです。

ジョージアの観光は「歴史」「自然」が2大テーマで、ナリカラ要塞にはこの2つの要素が揃っています。

トビリシの全貌が見渡せる場所にありますので、オールドトビリシの散策ルートとしてトビリシ滞在の初日や2日目など早めに訪れていただきたいスポットです。

ジョージア観光&体験ガイドモアファン!ジョージア編集部@morefungeorgia)がお届けします!

ナリカラ要塞の見どころ(教会、塔、景色)

ナリカラ要塞は、トビリシ市街地を一望できる景色と、歴代の支配者によって様々な施設として利用されてきたトビリシの歴史が感じられる観光スポットです。

保存状態が良くないため、かなり分かりづらいナリカラ要塞の見どころを紹介します。

聖ニコラス教会

聖ニコラス教会は、ナリカラ要塞の城壁の中に建てられている教会です。

13世紀に建てられた聖ニコラス教会は火事によって焼失したため、現在の教会は1997年に再建されたものです。

イスタンブール塔

ナリカラ要塞の全体と、要塞の裏側の美しい自然を見渡すことができるのがイスタンブール塔です。

かつてオスマントルコが支配した時代には刑務所の監視塔として利用されていたため、イスタンブール塔と呼ばれるようになりました。

シャフタフティ塔

トビリシの市街地を一望できるのが、シャフタフティ塔です。

かつてウマイヤ朝の時代には天文台が設置されていたとも伝えられており、ナリカラ要塞のなかで最も高い場所に位置しています。

【歴史】ナリカラ要塞に関連する年表

ナリカラ要塞は、時代ごとに移り変わる多くの支配者たちによって継続的に増築が繰り返されてきました。

紀元前4000年以上前から人々が定住していた
4世紀ササン朝の要塞として築かれ、妬みの砦(Shuris-tsikhe)と呼ばれる
7世紀ウマイヤ朝が宮殿を建て、要塞の強化を続ける
12世紀ダヴィド4世が増築を続ける
13世紀モンゴル帝国により、強固な砦(Narin Qala)と名付けられる
16世紀オスマントルコが刑務所として使用する
1827年地震によって要塞の壁などが崩壊

ナリカラ要塞はシルクロードを支配するために作られた

ナリカラ要塞が、歴代の支配者たちによって増築が繰り返された理由には、シルクロードが深く関係しています。

シルクロードには複数のルートがありましたが、カスピ海から黒海へと海路を繫ぐルート上に、トビリシが位置しています。

ナリカラ要塞のあるオールドトビリシの地形に注目!

トビリシは街の中心をクラ川が南北に流れ、周囲を山や丘に囲まれています。

ナリカラ要塞のあるオールドトビリシの辺りは、クラ川の両岸に丘(崖)が迫っていて平地部分が最も少ない地形になっています。

このため、クラ川に沿って整備された交易路(シルクロード)を行き交う人々を守護(監視)するためには、ナリカラ要塞の位置から見下ろすのが最も好都合だったのです。

まちこ
まちこ

ナリカラ要塞からトビリシの街を一望できるのも、クラ川に沿って行き交う人々を監視できる場所に要塞が作られたからですね。

さらに詳しく「”ナリカラ要塞”の名称の由来」を徹底ガイド

現在のナリカラ要塞の名前の移り変わりと、名称の由来について解説します!

まず、最初に要塞を築いたササン朝は”妬みの砦”という意味の「シュリス・ツイヘ(Shuris-tsikhe)」と名付けました。旧都ムツヘタなどの周辺地域からの妬みの対象だったからだそうです。

  • 砦の名称 = シュリス・ツイヘ

強固な要塞”あるいは”小さな要塞”を意味する「ナリカラ」という名前は当初、モンゴル帝国によって”塔の名称”として付けられました。現在でも要塞の南西に残っている塔が、元々の「ナリカラ」です。

  • 塔の名称 = ナリカラ
  • 要塞全体 = ?

その後、オスマントルコが支配者となって刑務所として使用していた時代に、塔の名前が「イスタンブール タワー」となり、要塞全体が「ナリカラ」と呼ばれるようになりました。

  • 塔の名称 = イスタンブール タワー
  • 要塞全体 = ナリカラ
まちこ
まちこ

オールドトビリシの街から見るとナリカラ要塞の裏側(西側)にある塔がイスタンブールタワーです。

ナリカラ要塞へのトビリシ各地からの行き方と地図

ナリカラ要塞は、温泉施設アバノトゥバニや世界遺産ムツヘタと並んで、ジョージアを訪れた観光客が必ず立ち寄る観光スポットです。

しかし、ナリカラ要塞には地下鉄の最寄り駅がありませんので、少しアクセスには苦労します。

なお、ナリカラ要塞の表記には「ナリカラ要塞跡」や「ナリカラ砦」などの表記がありますが、すべて同じ場所を指しています。

ナリカラ要塞へはリケ公園からロープウェイでアクセス

ナリカラ要塞のあるソロラキの丘は、徒歩で上り下りすることも可能ですが、登りはロープウェイ「エアリアル トラムウェイ」を利用するのがおすすめです。

ロープウェイの乗り場はリケ公園にあり、地下鉄アブラバリ駅から徒歩10分程度です。

ロープウェイに関する詳細は、別の記事で紹介しています。

ナリカラ要塞のまとめ

ナリカラ要塞は、トビリシを代表する観光スポットで、トビリシ市街を一望できることから多くの旅行者が訪れています。

4世紀ごろから交易の重要拠点のひとつとして栄えたオールドトビリシを防衛することから始まり、刑務所や展望台としても利用されてきたナリカラ要塞は、トビリシの歴史を知る上でも重要な場所です。

トビリシに到着した初日、まずは気軽にナリカラ要塞に出掛けてみることをおすすめします。街の全体像が分かり、観光スポットを把握することにも役立ちます。

トビリシの年間の天気(最高気温、最低気温、平均降水量)

トビリシの夏は6月から9月冬は11月から3月です。観光のベストシーズンは7月から9月で、ヨーロッパやロシアなどから多くの観光客がトビリシを訪れます。

トビリシ 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
季節
最高気温 7℃ 9℃ 15℃ 20℃ 25℃ 29℃ 31℃ 31℃ 28℃ 22℃ 15℃ 9℃
最低気温 -2℃ -2℃ 0℃ 5℃ 20℃ 25℃ 18℃ 18℃ 12℃ 6℃ 1℃ -2℃
平均降水量 7㎜ 8㎜ 15㎜ 27㎜ 38㎜ 36㎜ 23㎜ 20㎜ 20㎜ 22㎜ 18㎜ 9㎜

トビリシの天気をさらに詳しく解説

タイトルとURLをコピーしました