ジョージア観光&体験ガイド

観光スポット完全網羅!トビリシ発ステパンツミンダ(カズベギ)観光モデルルート

ステパンツミンダ観光 カズベギ観光モデルプラン

カズベギ山を望めるステパンツミンダのゲルゲッティ三位一体教会(通称:天国に一番近い教会)を含む観光モデルルートについて解説します。

  • 移動手段は何が良いのか?
  • 教会以外の見どころはあるのか?
  • 日帰りなのか?1泊2日なのか?

トビリシ発でカズベギ観光をしたい方が持つ疑問を全て解決すべく、あらゆる情報を詰め込みますので、目次を利用して必要な情報を確認するようにしてください。

モアファン!ジョージア編集部@morefungeorgia)がお届けします!

まちこ
まちこ

カズベギへと向かう途中には世界遺産ムツヘタも通りますが、ムツヘタは見どころが多く、トビリシからも近いので別日程にしましょう。

カズベギ観光のモデルルート(アナヌリ教会、三位一体教会、ダムなど)

ジョージア観光では「大自然」と「グルジア正教」が大きな見どころで、カズベギ観光はどちらも十分に含まれていることから、トビリシ発の観光ルートとして人気です。

カズベギ観光のためのトビリシの拠点は、地下鉄ディドゥベ駅(Didube)です。

カズベギ(ステパンツミンダ)への行き方、移動手段について

地下鉄ディドゥベ駅の周辺は、タクシーと乗り合いバス(マルシュルートカ)の発着場になっており、カズベギ行きの移動手段を確保するのに最適です。

さらに詳しく「トビリシ発ステパンツミンダの移動手段」を徹底ガイド

トビリシからステパンツミンダまでの行き方(料金)は、主に3種類あります。

  • 観光ツアーに参加(旅行会社ごとに異なる)
  • タクシーをチャーター(片道120ラリ~200ラリ/1台)
  • 乗り合いバスに乗車(片道10ラリ~20ラリ

移動手段については料金の違いだけで判断してはいけません!

観光ツアーやタクシーであればトビリシとステパンツミンダ間にある観光スポットにも立ち寄れますが、乗り合いバスは全ての観光スポットをスルーします。

少しでも移動費を安く抑えたい方は、行きはタクシー、戻りは乗り合いバスの組み合わせがおすすめです。

まちこ
まちこ

片道だけの利用であってもタクシーの運転手さんは嫌がらずに行ってくれますが、ジョージアのタクシーは全て交渉制です。

乗り合いバス(マルシュルートカ)を利用する場合には、こちらの記事に料金表やチケット売り場、乗り場などの情報をまとめて掲載していますので参考にしてください。

ジンバリ湖ダム

地下鉄ディドゥベ駅を出発して1時間弱で到着するのが、ジンバリ湖ダムです。

季節によりますが青い湖面と自然の美しさを感じられる景観スポットで、小さな露店がいくつかあるものの景色以外には特に見どころはありません。

写真を撮ったり、景色を堪能できたら、すぐに出発するのが良いでしょう。

アナヌリ教会

トビリシとステパンツミンダ間の最大の見どころはアナヌリ教会です。

17世紀に建てられたアラグヴィ公国の要塞には、実際に戦闘に用いられた城壁と、小さな敷地内に2つの教会があります。

ジンバリ湖ダムからアナヌリ教会10分トビリシからアナヌリ教会1時間ほどで到着します。

パサナウリ村(ヒンカリが有名な村)

パサナウリ村はヒンカリで有名な村で、カズベギへと向かうミリタリーロード(軍用道路)沿いにあります。

Siontakさんのモアファン!解説

アナヌリ教会とガニシの間にあるパサナウリ村はヒンカリで名高い小さな村です。ここでの食事をおすすめします。

まちこ
まちこ

ヒンカリで有名な場所が、こんなところにあるんですね!

ヒンカリ以外のメニューも豊富でトビリシで食べるより圧倒的に安くておいしいですよ!

まちこ
まちこ

でも、こんなところで食事をとると言ったら、タクシーの運転手さんが嫌がりませんかね・・・

タクシードライバーも一緒の食事に招待すれば喜んでおいしいお店に連れて行ってくれるはず。

まちこ
まちこ

なるほどー、そういう手がありましたか。

ステパンツミンダ村は十字峠(2379m)の向こう側、ロシア連邦の方が近い陸の孤島にあります。このため、観光地である上に物流事情が悪いので値段が高いわりに、味は・・・

SiontakさんのTwitterをフォローする

パサナウリ村でSiontakさんがおすすめのレストランは「ガーデンレストラン・パサナウリ 」です。

ガニシの休憩所(湧き水スポット)

グダウリの山の麓にあるガニシの休憩所は、湧き水スポットです。

小さな売店とトイレがあるため、ドライブの休憩スポット(パーキングエリア)として利用されています。

アナヌリ教会からは1時間弱トビリシからは2時間弱で到着します。

ロシア・ジョージア友好のモニュメント

トビリシからステパンツミンダまでの間で、最も美しい写真が撮れる撮影スポットがロシア・ジョージア友好のモニュメントです。

モニュメントそのものの歴史的価値は微妙なのですが、モニュメントの大きさと奇抜さ、展望台から見える「悪魔の谷」と山々の美しさが魅力です。

ガニシの休憩所からは絶景を眺めながら20分トビリシからは2時間半ほどで到着します。

ステパンツミンダ

ゲルゲッティ三位一体教会のある丘のふもとにある街がステパンツミンダです。

教会の付近にはレストランや商店がありませんので、ひとまず休憩をしましょう。

トビリシからのタクシーや乗り合いバスは、基本的にステパンツミンダの街までですので、ここからは教会までは4 WD車両をチャーターして向かいます。

ゲルゲッティ三位一体教会(ツミンダサメバ教会)

ゲルゲッティ三位一体教会(ツミンダサメバ教会)は、日本では「天国に一番近い教会」として知られているこの観光モデルルートの目的地です。

教会そのものもジョージアの歴史において重要な価値があり、さらにカズベギ山を望む雄大な大自然が楽しめます。

トビリシからカズベギ観光の日程は「日帰り」か「1泊2日」か

トビリシからステパンツミンダへの観光は、日帰りにするか、1泊2日にするか悩ましいところです。

片道が約3時間ほどのルートですから、もちろん日帰りも可能です。

しかし、日帰りの場合には移動時間が長くて疲れることに加えて、午前中の方がカズベギ山が空気が澄んで美しく見られるというのが重要なポイントです。

まちこ
まちこ

ジョージア旅行の全体のスケジュールにもよりますが、やはりカズベギ観光は1泊2日で出掛けることをおすすめします。

トビリシ発カズベギ観光のモデルルートまとめ

トビリシからステパンツミンダ、ゲルゲッティ三位一体教会までは、行きはタクシー、戻りは乗り合いバス(マルシュルートカ)が移動費を抑えつつ全ての観光スポットを見ることができる最適な方法です。

特にアナヌリ教会ロシア・ジョージア友好のモニュメントは、絶対にはずせない観光スポットです。

トビリシ観光の日程については、日帰りも可能ですが、ステパンツミンダに1泊する2日間のスケジュールが好ましいです。

世界遺産の街ムツヘタと共にトビリシを拠点にした観光の人気のルートですので、はじめてのジョージア旅行には是非とも組み込んでいただきたいです。

タイトルとURLをコピーしました